2011年12月19日

北の帽子

と、いうわけで、本日正午、

「白頭山に眩しく輝く光明星」が墜ちたという、衝撃的ニュースが全世界を駆け巡ったワケですが・・・。



そんな昨日私の所に、この世界で有名な某氏が作った北朝鮮の帽子のレプリカが届きました。

向こうの人民帽ですね。
向こうでは何と呼ばれているのか分かりませんが。

赤い青年近衛隊とか、労農赤衛隊などの、民兵の軍帽でもあります。
某氏曰く「ブルガリア軍の赤星とかが丁度良いよ」との事でしたので、似た赤星が有ったなぁと小物入れを引っ掻き回すものの、出て来ない・・・。
後日出てきたら、こっそり画像を更新しときます・・・。

中国の人民帽に比べると、クラウン部が相当大きいです。
あと、イミテーションのアゴ紐がついています。



因みに、こんな風に日本軍のチェッコ式軍帽みたいにはかぶりません。
ぺったりと平べったく、横にボワっと広げてかぶります。

鏡の前でやってみますが、なかなか上手くいきません・・・
向こうの人は、中に綿か布を丸めた物でもいれて、形を整えてるんじゃないかな?

共産主義国って、みんな同じような格好をしているのは確かなんですが、「オシャレ」というか「こだわり」ってのはちゃんと有ったりするんですよね。

昔、ハノイなどの旧北ベトナムに住んでる男子は、み~んな例の人民軍用の「サンヘルメット」をかぶってましたが、民間人は帽体上部の空気穴になってるところの突起が銀色でした。
ベトナムコレクターで有名な某マンガ家さんにお聞きしたら「元々は、消費者の手に渡るまでに突起の部分に擦れ傷がつかないようにしている保護の銀紙で、店で買った際に剥がすものなんだけど、銀紙が着いたままの方がカッコいいって事で、みんなそのままにしているんですよ」と聞かされて「ほう、それはおもしろい」と思った事があります。




同じカテゴリー(その他)の記事画像
OKC3S 米海兵隊銃剣 ダミー
岩国
つぶやき
ほぅ・・・
久々のイベント
嗚呼
同じカテゴリー(その他)の記事
 OKC3S 米海兵隊銃剣 ダミー (2014-03-22 07:28)
 白豚 = 白人 (2013-05-11 12:23)
 私信のようなもの (2012-11-14 23:51)
 つぶやき3 (2012-07-13 21:47)
 岩国 (2012-05-06 12:07)
 つぶやき2 (2012-05-01 22:54)

Posted by 77SF  at 22:59 │Comments(0)その他

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。