スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年07月06日

カチン独立軍 新教卒業式

基礎訓練を終えた新兵の卒業式典です。



式典が行われた、訓練所内の講堂です。





旗に左手を当て宣誓をします。



訓示をする上官です。
教育隊長でしょうか?



訓練時の草色作業服から、皆87式、いやこの襟だと99式になるのですかね?
中田商店でも売ってる中国軍迷彩服ですね。

顔を塗り潰したのは、外国人の訓練インストラクターです。
私はPMCだと思うのですが、友人は「もしかしたらCIAかもね」と言ってました。



式典に同席している幹部。 教官たちでしょうか?
なんと最後尾には「MP」と書かれたヘルメットをかぶった憲兵の姿が!



式典が終わり、新兵さんたちは宿舎へ引き揚げます。



宿舎。
上が大きく開いているのと、適当に服や装備が置いてあるのを除けば、昔の中国軍の兵舎内にそっくりですね。




教育隊の歩哨兵。
これは本家の81式ですね。
  


Posted by 77SF  at 22:18Comments(0)KIA

2012年07月03日

カチン独立軍 新兵教育隊

前線部隊の画像もあるんですけど、まずはカチン軍の新教の画像から。




基本教練を受ける新兵たち。
むかぁ~しに中田商店で売ってた、中国軍の戦車兵服か作業服ですねコレ。
みんな服ダブダブ・・・
帽子はこれも中国軍87式迷彩の物。



訓練教官。
帽子はカチン軍の物。 
同じ形で、中国軍07式迷彩の生地で作ったのも有ります。
北朝鮮の人民帽と米軍の海兵帽を、足して2で割ってさらに1足したような、なんとも言えない帽子です。
ダミーのアゴ紐がついているところが、なんとも北朝鮮チックw
最初に見た時は、北朝鮮の「赤い青年近衛隊」かと思いました。



木銃。
基礎訓練では木銃のみを使うようです。
形・長さがバラバラなのは、各自で作るからでしょうか?





午前の訓練を終え、昼食を待つひととき。
思わず笑みがもれます。




食事風景。
東南アジアはどこも「洗面器ご飯」なんですね。

「徴兵? それともみんな志願兵?」と友人に聞いたところ、皆難民キャンプ等からの志願兵という事でした。
最近はミャンマーの大学を卒業した後に故郷に戻り、そのまま入隊する若者も多いとか。  


Posted by 77SF  at 22:41Comments(0)KIA

2012年06月30日

カチン・ライフル

ミャンマー北方にカレン族という少数民族がいまして、暴虐なミャンマー軍に対し戦闘をしているのは、映画「ランボー」の最終作でも描かれてた通りなんですが、もう一つ「カチン族」という部族も、民族独立、というより「民族自衛」の立場からミャンマー軍と戦闘を続けています。
カチン族といえば、大戦中に米軍に率いられ日本軍を苦しめた遊撃部隊「カチン・レンジャーズ」が有名ですね。

そんなカチン独立軍(KIA)の画像を友人が沢山撮ってきてくれたので、とりあえず銃の事だけご紹介。



友人が私の56-2式を見て「カチン・ライフルに似てるな・・・」と言いましたが、画像を見せてもらって納得。
中国軍の81式自動歩槍じゃないですか。
カチン軍側は「自分たちで銃を製造している」と話していたとか。
本家も好きけど、どちらかといえばこっちの方が近代的な感じがしてイイな・・・w



手作り感満点のサイレンサーを着けたカチン・ライフル





こっちは分隊支援機関銃バージョン。
本家の81式に、こんなバージョンは有ったっけ?
カチンオリジナル?
う~ん、こっちもダサカッコ良いぞ!




軍司令部の体育館にて。
バトミントンラケットとトカレフ。
銃はいつでも持ってるんですねぇ。
  


Posted by 77SF  at 03:58Comments(0)KIA