スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年10月06日

タネガシマ

ICDC用にと、フセイン政権時代のイラク軍迷彩服などを調子に乗って買ってたら金欠になってしまい、その追い打ちをかけるように車が壊れたりしたので、死蔵してたTOPの64式小銃を警官やってる友人に売って、なんとかお金を工面しました。

どうせ64式もってても中身をそっくりAKか何かのユニットに変えないと使えないし、もう弾倉も手に入らないし、何より素人が陸自の格好なんてしようものなら、営門三曹ですらない任満陸士上がりのフリーターとかにゲス顔で作業服のアイロンの掛具合や装備の着装方法にネチネチと文句や講釈タレられたりして、笑顔で「氏んでね」って言いたくなったりするから、色々考えた結果思い切って処分しました。


そうしたら、その後に売った甲冑関係の品が思ったより高額で売れたため、無理に売る事も無かったという・・・
まーいいんです。友人は喜んでくれましたから。
友人は大切です。
最近歳食うごとにそう思いますヨ。


で、急にお金が浮いたので、思い切ってKTWのタネガシマを買いました。
web通販では¥99.000くらいが底値のようですが、もう少し調べてみたらジャングルという店に、開封品ながら未使用の品が¥84.000で売ってるとの事。
店の場所を調べると、大阪の日本橋じゃあありませんか!
仕事を早めに終わらせて、車を飛ばして買いに行きました。



店に行ったら五丁も有りました。
そこから良さそうなのを一丁見繕って、購入。

前情報通り、箱を開けただけの品で、包装のビニールから銃を出した跡は無さそうに見えたのに、どの銃も真鍮部分は手の脂で少々鈍色だったのが少し残念。
製造組立時に着いた手脂ですかね?


10月だというのに暑い日が続くので、夏のボーナスで買った足軽用の畳鎧はまだ着てませんが、涼しくなったらそれらを着込んでタネガシマ持って、ホップの調整がてら写真を撮ろうと目論んでます。  


Posted by 77SF  at 22:54Comments(0)GUN

2013年05月02日

PKM






まー最初ちょっと躊躇したものの、前回の日記の後に結局すぐ買ってたワケですわ・・・



で、とうとう木製ストックセットが出たという事で、早速買って取り替えてみました。


キャリングハンドルとグリップは

「実物っぽさを求めるならば、ベークライトもどきのプラスチック製の方が良いんだがな」

と当初は思っていたのですが、こうして取り付けてみたらそれほど違和感も無く、なかなか良く似合ってると思います。











まーそれでも、全木製だと、何となく「イモ臭い」というか、中国・北韓チックというか、そんな気も捨てきれませんが・・・









因みに、バットプレートを固定する側面のネジを入れる時にほんの少しだけ硬かったですが、あとはすんなりと取り付け出来ました。
ハメ合わせが悪くて削ったりするとか、反対にクリアランス大き過ぎでガタつくとか勘弁してくれと思っていたので良かった良かった。

あとは、最近作られたPKMに付けられている、ラッパ型のフラッシュハイダーを何処かのメーカーが出してくれたら言う事無しですね。

  


Posted by 77SF  at 20:36Comments(0)GUN

2013年01月18日

どーしようかな




突然、あちこちのショップでPKMの予約が始まりましたね。
しかも、思ってたよりずっと安い・・・ZB26なみの価格になると勝手に思ってたのですが・・・


しかし、私は、やっぱり木製ストックの方が・・・
VFCやLCTみたいには、木ストを別売りしてくれない気もしますし。




購入はもう少し考えてみましょうかね。








オマケ:

ロシア内務省が子供用にマンガを作成
http://manitame.blog115.fc2.com/blog-entry-6620.html


う~ん、正直、中学か高校の漫研レベルの絵だけど、なかなかいいなぁ。
内容は日本でも役に立つものだと思いますね。  


Posted by 77SF  at 22:12Comments(0)GUN

2012年12月31日

RPK




コミケに行けないのでむしゃくしゃしてやった。
後悔はしていない。




というワケで、RPKを買いました。
3千円払ってマトモに使える状態にしてもらいました。

なんかこう書くと、おかしな感じですねぇ・・・まー中華だから仕方がないんですが・・・


さてLCTのRPKといえば、リアサイトが実際と違うという事はよく知られていますので、すぐに取り替えてやりました。




それと、グリップ。



ルーマニア製のRPKとかならば、かえってこちらのAKM型のグリップの方がリアルみたいですが、この銃はあくまでソ連製って事にしたいので、これもLCTから別売りで出ているAK47 Ⅲ型の物に変えてやりました。



チェッカリングが邪魔ですが・・・
また暇と金が余った時にでも、チェッカリングの無い物の方を発注しましょうかね・・・


しかし、なんでLCTは旧式のRPKの方にAKMのグリップを着けて、これより新式のRPK74の方に旧式なAK47型のグリップを着けて売るのやら・・・反対だと思うんだけどなぁ・・・
(画像はLCTのHPより)




ほら、ソ連軍の兵営内ポスターでも、私の言う通りになってるしさぁ・・・





とまぁそんなワケで、今出来る範囲内でRPKを仕上げてみました。



45発型バナナマガジンはシーマ様のヤツ。
シーマ様のこのマガジンは、製品のバラつきが酷くてマトモに給弾しない個体もあるらしいですが、これしか無いですからねぇ・・・


さて、先日はハンマーズさんでODのRPK用マグポーチ買ったトコだし、暇が出来たらICDC姿で写真撮ろっと。

ああアフガン軍でもいいですね。
小銃は早い段階でカラシニコフからM16A2に切り替わりましたが、機関銃はまだまだRPKやPKMが残っている様なので。






オマケ

久々に「山パッチ」を発注したら、なんか大きくなってました・・・


  


Posted by 77SF  at 20:40Comments(0)GUN

2012年12月16日

小ネタ



前々から56-2式には、AKMのマズルハイダーはどーにも似合わない気がしていたので、今回LCTのAK47の物に変えてみました。





うん、こっちの方が私は好き。




















次回予告
  


Posted by 77SF  at 16:31Comments(0)GUN

2012年08月01日

中国軍スリング

今日は八月一日。
中国人民解放軍の創設記念日ですね。




先日中国より、79式狙撃歩槍用のスリングを送ってもらいました。
中国にしては善良な業者で、二週間ほどで届きました。
あの国にはHIKI以外にも、マトモな業者は居るんですな一応・・・

(やっぱり一回でも詐欺に遭うと、もう中々信用出来なくなりますわ)


さて肝心のスリングですが、ストック側は中国独自の革ストラップ、銃身側には、ロシア軍のものに比べると相当にチャチいナスカンフックがついてます。
何故ナスカンフックだけが黒い金属製なのか・・・統一性が無いなぁ・・・


あとついでに56式自動歩槍用のスリングも買い、早速56-2式に着けてみました。



真っ黒の銃に草色のスリングは合わないかなぁ?と考えていたのですが、くすんだ草色の物を送ってきてくれたので、取り付けてもそれほど違和感を感じないです。個人的に。

これも、レシーバ側のに太い革ストラップが、銃身側には細い革ストラップが付いてますね。
今まで買った56式用のスリングは、両方とも同じ幅の革ストラップの物ばかりだったのですが、あれは56式騎槍(SKSカービン)用だったのでしょうかね?

  


Posted by 77SF  at 22:58Comments(0)GUN

2012年07月30日

その後のドラ



ドラ用に、ウクライナからスリングとスコープカバーを取り寄せてみました。
いやぁウクライナの郵政省はしっかりしてますねぇ~一週間くらいで届きましたよ
それに比べ、ロシア共和国の郵政省ときたら・・・ロシアからウクライナへ一旦運び、ウクライナの郵便局から海外発送するロシアの業者が居たりするのも解りますわ・・・


まー昔は日本も酷かったですがね・・・T○e兵○なんか、現金書留送っても平気で一ヶ月待たされましたからね


さてドラグノフですが、先日ヤボ用で東大阪へ行った際に寄ったファーストでやっとウナギバッテリーが買えたので、ようやく射撃が出来るようになりました。
マンションの自室玄関に的を収めたダンボール箱を置いて、リビングから(10数m)撃ってスコープの大まかな調整をやってみました。

購入時に内部を調整してもらい、流速チューンをしてもらってはいたのですが、弾散り過ぎ・・・

左右にはブレないのですが、上下にやたらブレます。
上に行く弾と下に行く弾と、二方向に弾が飛んで行きます。
集弾性はいいんですがね・・・上と下と、二箇所に集弾しますが・・・w
やっぱホップ機構のトコをクラゲとかに変えないとダメなんですかね~

あと、四回に一回くらいの割合で、二発発射が・・・
さすがはRSのコピーユニットです。
症状もRSと一緒ですな・・・  


Posted by 77SF  at 22:17Comments(2)GUN

2012年07月15日

CYMAドラグノフ

お茶の間に狙撃銃・・・




SVD ドラグノフを買いました。 CYMAのヤツです。
当初買う気は全然無かったのに・・・これもみんなヒストリーチャンネルのスナイパー特集のせいです。

RSのが欲しかったのですが、中身に手を入れてやらないと性能がショボいのは同じみたいだし、それならばフィールドに持って行く「殺し用」としては、CYMAので十分だろうと考えたのです。
納品時に追加でお金を払って、流速チューンをしてもらいました。

RSのは、ガスガンで発売されたら買う事にしましょう・・・

CYMAのSVDは、モロに合板ストックです。
ムクの木材から削り出した物ならば中国軍の79式狙撃歩槍になってしまうので、これは嬉しいです。
ハンドガードも、ちゃんと合板を曲げ加工したもので、ムクの木材からこの形に削り出したものでは無いのも嬉しい。
もっとも、色は気に入りませんけども・・・


さて、CYMAのにはスコープが付いていないので、別に買い求めなくてはならないのですが、¥9.800~¥19.800で売っている艶消し黒塗装のスコープは

「レールに通したらクリアランスが大き過ぎてガタガタ」
「それでもやっと取り付けて覗いたら、レクチルが盛大に傾いている」
「注意しないと断線などで発光機構が壊れる」

と、色々と問題が多いみたいなので、スコープだけは大枚はたいてRSのを買いました。



ロック部分の微調整が必要なのは9.800円スコープと同じでしたし、取り付けたら微妙にレクチルが傾いているのも同じでしたが・・・


それはさて置き、やはりSVDを手に入れる事が出来たのは嬉しいです。
嬉しさのあまり、コレを横に置いて「ハートロッカー」を見てしまいました。

たしか800mくらいの距離で撃ちあってましたかね? アレ。
アレでは敵のスナイパーはルーマニア製のPSL狙撃銃・通称ルーマニアンドラグノフを使ってましたが、あの距離であんなに一発必中でパッツンパッツン当るもんですかね~・・・反動キッツいのにドラグノフ系は・・・


大昔、「JNN報道特集」で中国人民解放軍の第6警備師団を取材した際、故・料治 直矢氏が79式狙撃歩槍を伏射していましたが

「ちょっと動くナァ・・・」
と、伏撃ちでのかまえ難さ、

「おお・・・反動が凄いなぁ・・・」
という、射撃時の反動の大きさを、思わず漏らしていましたね。

と言いながら、それでも(数10メートルの目標ながら)一撃で当てていましたけど。


そんな事を思い出した今日この頃。


さて、アフガンカ着て「画太郎」ごっこでもするかな~w
ニコ動版「9中隊」のあの訳は、秀逸だったと思います。
消えちゃったのが残念・・・
  


Posted by 77SF  at 22:40Comments(0)GUN

2012年06月20日

56-2式自動歩槍



装備ばっかり買ってて銃に凝らないのはおかしいので、思い切って56-2式を買いました。

本音は、木目の奇麗なAIMSをフィールドに持って行くのが惜しくなったためですが・・・

安物AKで木材使ってない56-2式ならばそれほど心も痛まないし、なおかつ、ちょっとでも目を離すとすぐ錆びるらしいですしw





まさにコレです。
この、本物特有の、安物臭・・・


しかし56-2式って、調べると色々差異が見られますね。


AKM型のグリップとマズルのとか


AKM型の銃剣は着けられるけどマズルはAK47と同様のとか
(そういやこの銃剣、昔イカリヤで買ったけど何処に仕舞い込んだっけ・・・)


スパイク銃剣の付いた56-1式みたいに、バレルを「すぱっ」と切っただけのものとか


中国製の証しである、特徴有る握り易いグリップの着いた56-2式の場合、マズルはAK47型の方が多いみたいですね。
シカゴにあったAIMSも、AK47型のマズルが着いてたなぁ
両方とも取り替えてやろうかな・・・  


Posted by 77SF  at 22:28Comments(0)GUN

2012年05月13日

AIM系スリング(多分)

VFCのAIMSを買って、その出来栄えの良さに嬉しくなったものの、ふと思ったのが

「スリング、何着けよう・・・?」

という問題。

ソ連軍用の物は一応一本持ってるものの、せっかく銃は素晴らしいのに、安易に妥協して良いものか・・・

それに、米式装備と合わせると、ロシアンカーキの分厚い布スリングは、非常に「浮く」のではないかと・・・


そして、

「そもそも、今のルーマニア軍は、どんなスリング使ってるの? まさか昔みたいにチョコレート色の革製を、まだ使ってるって事はないよね・・・」

と思い検索してみました。




どちらも先っぽ見えないからよく分かりませんけど、AIMS74ですかね?
なんか、昔よく見かけた、韓国製or台湾製のパチモンLC-2装備と同じ色のナイロンですね。
あの、ODでもない、カーキでもない、微妙な色の・・・





ODの布?のも有るみたいですね。
昔、KM企画だったかどこだかで、ODのAKスリング出てたけど、アレにそっくりだなぁ・・・

共通しているのは、スリングを束ねる平リング?が、ソ連軍や中国軍のように革製ではなく、スリングを短く切って輪っかにした物を使っているという点。



「こんなの手に入んないよね~・・・」

と諦めていたら、

「そんなヤツ、シカゴレジメンタルスで見たぞ」

と友人から聞いたので、休日の今日早速行ってきました。



ああ、まさにコレだわ・・・

店員さんの話では「AK74用です」との事。
ああ、だからAIMS74に着けている例(多分)ばかりなのか・・・
でも「最近輸出されたAIMS」という設定ならば、AIMSにコレを着けていてもおかしくはないのでは、と考えてるんですが、どうでしょうかね?

因みに旧イラク軍では、自国製のスリングも有りました。
先に紹介したイラク軍ヘルメットの内張りやチンストラップに使われていたような「明るい草色」の布製で、形式はソ連軍と同型なものの、幅がやや細目で、激しく雑な作りでした。


しかしまー、最近ちょっと怖いです。
ここしばらく「欲しい!」と思ったものが、ちょっと調べただけで比較的容易に手に入ってるので・・・

まーこれも「お前は国軍で突っ走れ!」という、アッラーの思し召しだと思っています。
私ムスリムじゃないけど・・・


  


Posted by 77SF  at 18:05Comments(0)GUN

2012年04月24日

東欧化



ハンドガードをAKM用に取り替えて、いわゆる「東欧仕様」化してみました。

アフガン軍でもイラク軍でも、AIMSはこちらのタイプばかりみたいですので。
ルーマニア製っぽさが一気に薄れてしまうので、少し寂しいのですがね・・・

ただの「AIM」ならば、アフガン軍でもイラク軍でも、あのフォアグリップ型のハンドガードが着いたものを使用しているみたいですが、ハン●ーズさんあたりに頼んでわざわざ先祖返りをさせる勇気は私には無かった・・・

さて、某ブローバックガスガンの方は、黒色のグリップが着いてるみたいですが、アフガン軍やイラク軍で使用されているAIMSの画像を見ると、茶ベークライト製のものがほとんどのようですので、このままいこうと思っています。


しかし、ほんの瑣末なレベルの事とはいえ、AKなんかをいじくるのは20年ぶりくらいなのに、けっこう覚えているものですねぇ。
これも、中学の頃に貯金を下ろして買った、今は亡きLSの組み立てプラキット式無発火モデルガンのAKMSと、組み立てプラキットエアガンのAKMを完成させた経験のおかげですわ。  


Posted by 77SF  at 21:26Comments(0)GUN

2012年03月09日

AIMS

さて先日VFCのAIMSをイヤァーホゥ!!しました。
夏にボーナス貰ったらLCTのを買おうと思ってたんですが、あの特徴的な前部フォアグリップの造形はVFCの方が好きだったんですよね。
それから「VFCの銃は買える時に買っとかないと次はいつになるか分からないよ」と聞いたもので、今回無理して買いました。

まー、ANAやANPがAIMを使ってる画像は有っても、AIMS使ってる画像はまだ見た事ないのですが・・・
反対にイラク軍では使用画像多いですね。
もっとも、いわゆる「東欧バージョン」ばかりですが・・・


さてルーマニア製AKMであるAIMですが、東欧自由化の直後に一気に世界に広まりましたね。
昔見たNHKの番組では、中国の五六式よりも安い価格でかつ仕上げもマシだったため、武器商人がマジオススメしているシーンがありました。
湾岸戦争とイラク戦争との戦間期、フセインに忠誠を捧げる雄叫びを上げる旧イラク軍の予備役兵が、みんなAIMを持っていた映像は、強く印象に残っています。

そりぁ、プレスやりっ放しのカットエッジで指をザックリ切ったり(自作パソコン愛好者が言うトコロの「血の契約」ってヤツですな)、銃身がすぐ過熱してハンドガードすら持っていられなくなる「安物AK」な五六式より上質で安いとくれば、そりゃ売れますわな・・・


さて今回買ったVFCの銃は「仕上げが上品すぎるくらい」というのが定評のようで、私もその点で気に入ってるのですが、プラグリップだけはもう少しベークライトっぽくしたい・・・
いっそ黒いのに変えてしまおうか・・・ガスブロで出ている「東欧バージョン」は黒いのが着いてるみたいだし。


それにしても、やっぱり私はAKシリーズが大好きみたいです。
因みに友人も好きなんですが、某ダイバーショップで自称元米特殊部隊員という人にその事を話したところ

「あれは、悪者が持つ銃だからナァ・・・」

と言われたとか・・・。
なるほど、アメリカに縁のある人らしい言葉です。


パーツゴテゴテつけたM4持ったANAコマンドも好きなんですが、すっきりした銃を持って一般兵やる方が私には合ってるかも。

まーとかいいながら、今仕込んでるネタは、またコマンドなんですがね・・・。
迷彩服に派手なパッチをペタペタ貼る誘惑に勝てなくて・・・。  


Posted by 77SF  at 22:41Comments(0)GUN