2013年11月09日

打飼袋

そろそろ甲冑着込んでも大汗かく季節では無くなってきので、仲間内で撮影会やろうと画策中ですが、肝心の私がまだ装備が揃えきってない状況・・・
なので最近は使える物はないかと、ネット検索したり、ホームセンターうろついたりしてます。


uchikai
で、今日は数珠打飼を作ってみました。
着物の腰または甲冑の草摺を吊るす「おどし」の所に巻く「巻帯」として、木目の細かい最上質のサラシを一反買ったので、その余りで作成。
筒状になるように反物を四つ折にしてミシンで縫って裏返して、数珠玉になるように凧糸で一つ一つ括って、完成。

中身は、捨てるつもりだった古い座布団の中綿です。
まさか本当に干し飯やら焼味噌玉を入れるわけにはいきませんからねぇ・・・

玉が少し小さい気もするけど、反物を二つ折にして筒袋にしたのでは、今度は行動の邪魔になるくらい玉が大きくなるので、まーこれでも良いかと思ってます。

付け方は、よく襷がけにしている人を見ますが、江戸時代に発行された「雑兵物語」によれば、襟首の後ろ真ん中に結び目が来るように首に引っ掛けると、鉄砲を撃つ時や弓を射る時に邪魔にならない、と書かれています。
つまり、袋を腰の後ろから回してきて襟首後ろで括る、という付け方が基本だったようです。
andrea
アンドレア・ミニチュアズHPより

因みにこの袋の中身の保存食ですが、一説によると、下知(命令)が無いと食べてはいけない緊急用食料だったとか。
それが本当だとすると、戦国期の非常用レーションだったんですねぇ。



さて腰袋はもう作ったし、あとは早合(カートリッジ)入れを作り直すのと、旗竿を作るのみかな。





同じカテゴリー(戦国)の記事画像
鉄砲足軽 2
鉄砲足軽 1
戦国コス
小ネタ
早合入れ 作り直し
和歌山城へ
同じカテゴリー(戦国)の記事
 鉄砲足軽 2 (2014-05-23 22:46)
 鉄砲足軽 1 (2014-05-20 21:59)
 戦国コス (2014-05-18 22:19)
 小ネタ (2013-12-05 17:20)
 早合入れ 作り直し (2013-11-16 17:51)
 和歌山城へ (2013-10-27 20:21)

Posted by 77SF  at 22:41 │Comments(0)戦国

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。