2012年12月30日

動画検索

職場で機器トラブル続きなので、責任者の私は休日でも自宅待機モードでコミケにも行けないんですが、この二日は平穏無事・・・
こんな事なら行けば良かったかな?
まーメカミリ系は一日目だったのでもう遅いですが・・・


さてそんな自宅待機中、ネットサーフィンしてたら見つけてしまいました。
この涙腺破壊番組・・・

「船の柩 ~戦没船員 遺族の日々~」
http://www.youtube.com/watch?v=PWHtsTpvPhg&list=PL140A35CB424F11A5


戦標船・啓東丸のくだりは本当に泣いてしまう。・゚・(ノД`)・゚・。


同じ県内なので「戦没した船と海員の資料館」は一度行きました。
案内の方が話された

「映画・タイタニックを見た時は、輸送船に乗組んで撃沈された時を思い出しました。本当にあんな感じで沈んでいきます」

という言葉が印象に残りました。



「歴史への招待 震天制空隊 ~B29に体当たりを敢行せよ 昭和19年~」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19132997

鈴木健二アナ懐かしい・・・
これを見たのは小学生の時でした。
二式複戦・屠龍に比べ、B29がどれだけ巨大なのか、模型を見て驚いたものです。

この番組を見た後、近所のプラモ屋にB29が入荷したので父親にねだって買ってもらいました。
付属の日本軍機として箱絵には屠龍が描いてあったものの、実際中に入っていたのは同縮尺の三式戦・飛燕でした。
まーその飛燕の小さい事・・・


しかしこの番組、なんで陸軍第10飛行師団の事を「第10航空師団」としてるのやら・・・





オマケ
http://watch-japan.sblo.jp/article/60930249.html 

三師団や方面隊の観閲式で、第三特科連隊の部隊旗を見る度に

「南ベだ」
「ARVNだ」

と仲間内で言ってましたが、やっぱりベトナム人もそう感じるんですなぁ・・・





同じカテゴリー(旧日本軍)の記事画像
和歌山護国神社
篠山
「悲壮なる精強」
同じカテゴリー(旧日本軍)の記事
 和歌山護国神社 (2013-10-27 20:45)
 篠山 (2012-08-05 21:41)
 「悲壮なる精強」 (2012-07-21 23:46)

Posted by 77SF  at 16:11 │Comments(0)旧日本軍

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。